ブログ

ブログ

日常風景 ~つれづれに~2020.07.05

整理整頓を通じて考えたこと

今回のコロナのことがあり、自粛期間中に
整理整頓を行った、という声を良く聞きました。

カノンでは、昨年のカノンカフェで
見事な生前整理という ワークショップを行いました。

整理したいものを考えると言うことは、自分の生き方を見直すことでもあるのだなと
このとき私は感じました。

今回の自粛期間中、そういった自分自身の整理整頓もそうですが
大切な方が亡くなり、なかなか整理整頓が出来なかったのだけれど、今回時間が
出来たことで、思いがけずその整理をすることが出来た、そんな声もまた聞きました。
亡き方と出会い直す、豊かな時間になっている・・亡き方からのメッセージを感じる、、
そのようにお話し下さった方もいらっしゃいました。

かくいう私自身も、長いこと先送りにしていた整理をしたひとりでした。
そんな整理の最中に、葬儀のことをまとめたボックスが出てきました。
大切な人を亡くし、あっという間にやってくる葬儀の時間。
無我夢中で進むしかなく、その時間の記憶があまりない・・
良く聞く話です。

私も、やはりそうだったのでしょう。書類や、書き留めた言葉を見て、
ああ、そうだった、そうだったと、当時のことを思い出しました。
悲しくて辛いけれど、多くの方のあたたかさに触れた
そんな時間でもあったことを思い出しました。

想送庵カノンという場所でご安置やご葬儀をしたことを
ずいぶん時間がたってしみじみと思い出す方もいらっしゃるかもしれません。
そして、ふとまたこのサイトを訪れて下さる方もいらっしゃるかもしれません。

オンラインでも、オフラインでも、
いつでも、どんなときでも、安心してお立ち寄りいただけるようなそんな場所で
ありたいと思います。

menu